大転子ダイエット

スリムな下半身は、多くの女性のあこがれです。どうやったら、美しい下半身を手に入れることが出来るでしょうか。無駄なお肉をなくたいものですよね。それには、大転子の開きが関係してくるようです。今回は、ダイエット王子である小山圭介さんが注目している大転子について見ていきましょう。

 

大転子は太ももにあるボコとした骨です。骨盤の下にあります。この骨は、足を動かすために柔軟に動くように作られています。そのせいで、変なくせがあるとハマりが浅くなる場合があります。また、骨盤がゆがんで開いてしまうと体はバランスをとろうとします。そして、股関節まで外に出っ張ってしまいます。
そうなると、大転子も出っ張るというわけです。

 

靴を見てください。外側が減っていたら要注意です。また、立っている時に膝が内側に向いていたり、いつも同じ側でショルダーバッグを持っている人も注意が必要です。

 

それでは大転子が出っ張ると、どんな不都合なことが起こるのでしょうか。それは、O脚を引き起こすことです。更にお尻が大きくなったり太ももが太くなったり、脂肪が付きやすくなります。外側の筋肉を使うことになってしまうと、さらに大転子はでっぱり悪循環にはまります。

 

大転子の戻し方
・横向きに寝たら、大転子の下にタオルを丸めて敷く。
・肘で体を支え脚をそろえて床から上げ、タオルを押しつぶすイメージで、ぐりぐりマッサージをする。反対側も同じように行います。