スクワットで下半身トレーニング

老化を防ぐには、よく歩くことが効果的です。足腰が弱いと、体全体も弱りやすいです。足の筋肉の衰えを、少しでも遅らせるようにしてみましょう。中には転んだだけで足を折ってしまったという方もいます。足の筋肉は年齢と共に低下していくものです。徐々に減り始めるのが40代。60代になると急激な低下が見られます。

 

40代くらいから、意識して積極的に下半身を使うようにしておくと良いです。筋肉が落ちて体を動かすのが嫌になってしまう前に、動けるうちに対策を取っておきましょう。思うように体が動かなくなることは、結構ストレスを感じるものです。そうならないためには、下半身のトレーニングが大切です。

 

気軽に出来る下半身トレーニングとして、ウォーキングがあります。必要な道具もなく、誰でもすぐに始めることが出来ます。キツイ運動ではないので、無理なく体を動かせるので人気です。

 

しかし、歩いているだけでは老化を防ぐことはできないようです。筋肉には、持久力のある遅筋線維と瞬発力のある速筋線維があります。老化で筋肉が減るのは、速筋線維の減少なのでウォーキングだけではだめなのです。走ったり、転びそうになった時にふんばったり、重いものを持ったりするような筋肉は瞬発力が必要です。このような筋肉を意識的に鍛えておく必要があります。

 

それにはスクワットが効果的です。正しいやり方は以下の通り。
・肩幅に足を開き、視線を前に向ける。
・つま先をまっすぐ前に向ける。
・背中を伸ばして胸を張る。
・ひざがつま先より前に出ないように沈みこむ。